お金借りる体験

キャッシング体験談!

キャッシングで初めてお金を借りたのは20代前半でした。初めはクレジットカードを作って買い物などしていました。正直キャッシングの内容は知りませんでした。同時にお買い物をするとある程度の時期がくると限度額が増額されたお知らせが来ました。そのときにキャッシングの枠も広がっていき、その頃友人がキャッシングでお金を借りている事を知って、安易にお金を借りて買い物したり、旅行に行ったりと、あっとゆうまに限度額いっぱいまで借りてしまいました。その時は麻痺してしまい、まるで自分のお金かのようにキャッシングを利用していました。どちらかとゆうと浪費家なので、買い物に行くとポンポン物を買ってしまって、でも出かける事が好きだったのでかなり楽しんだ事を今でも覚えています。ただ私みたいな人はやはりお金を借りる行為はやめた方がいいようです。その事に気がつくのに時間もかかりました。
キャッシングやカードローンもうまく利用すればとても便利でありがたいと思います。

忘れてはいけない過去の失敗「カードローン地獄」

大学生の時、寂しさから夜の仕事をする様になりました。
当然、夜の仕事の仲間には、夜の世界の話が付き物です。
そしてホストクラブに通う様になり、はじめは手持ちの金額しか使わなかったものを、口車に乗せられ、売掛をする様になりました。
親にはバレたくない思いで消費者金融に手を出しました。

 

はじめは、「学生ローン」で借りていました。当時の金利の中では比較的低く、審査も通りやすかったです。
しかし何社も借りれる訳ではなく、借りた当初は簡単に借りれるだろうと次々応募していました。
信用情報機関にも記載されたのも知らずに、消費者金融や、クレジットカードのキャッシング枠にも申込みに行きました。
申込に対しても、はじめは恥じらいがあったのが、段々と慣れが出て来て人目を気にせず、あちこち無人機などに出入りしてました。
でもやはりダメなものはダメです。中々審査を通り抜けられず、最終的に膨らんだお金は親に肩代わりして貰う様になりました。

 

これまでお話した通り、きっかけは色々ですし、借りるのは簡単です。はじめは借りて手元に大金が入り「次返せばいいや」と気が緩みます。まるで給料日後みたいな感じです。
ですが返済日が近づくと、利息だけ払って「よし払ったぞ」と払った感覚になり、実際に借りた元金には手をつけられていないのが殆どで、払えてたとしても、払っている間は「何かあったらまた借りればいいや」となり自転車操業みたいになります。
今でさえグレーゾーンはなくなり金利が低いですが、借りる時は気をつけた方がいいです。

海外旅行にはキャッシングがオススメ

私は契約社員で働いていて、収入も手取り20万円と自分が使う分には特に事足りているので、あまり借金やローンというのをしたことがないのですが、海外に旅行に行った際はよくクレジットカードのキャッシング機能を利用させてもらいます。
クレジットカードのキャッシングは保証人も担保もなく自身に決められた限度枠まで、クレジット会社からお金を借りれるというもの。
平たく言えば借金なのでやらないで越したことはないのですが、海外に行くと現地の通貨を両替するのに日本円からだとレートが国によっては悪くて、高いところだと手数料で10%とか取られたりします。
なので、簡単かつ低金利でお金を準備できる方法としてキャッシングをよく使っています。
大体金利は年18%くらいなんですが、翌月一括払いにしているので長くても50日後には返済(口座から引き落とし)されます。
だから、2%ほどの金利で借りていることになります。
もちろんキャッシング枠はショッピング枠の中に入っているので、高い買い物をしてしまうとキャッシングの方も圧迫されてお金を借りれなくなるなんてこともあるので注意しないといけないです。